ウルトラセブン 第47話 「あなたはだぁれ?」 ロケ地訪問

2019.06.18 Tuesday 13:17
0

    2019年12月更新

     

     

    夜遅い設定ですが なぜか夕方っぽい出だし!? 1968年映像

     

     

     

     

     

    安藤達己・助監督が「監督」に昇格して初演出された作品。

    予算の関係か「特撮部分は少なくお願いします・・・」との指示に

    「しめた!」

    監督としての技量が生かせることを安藤監督が喜んだという

    特撮番組ならではのエピソードが残っているようです。

     

    この作品の次は「ウルトラセブン最終回」で、重苦しく、涙の展開。

    その最終回をも演出するような「笑顔あふれるハッピーエンド」が

    何とも切なくなってしまうのは私だけでしょうか・・・。

     

    夜が似合うセブンの世界は完全に踏襲されており

    終盤においても相変わらずのクオリティーです。

     

    前作ウルトラマンの「科学特捜隊・キャップ役」

    後作怪奇大作戦で「SRIと協力関係にある刑事・まちやん役」

    そして、こののち1970年代には仮面ライダーの「おやっさん・立花藤兵衛役」として大活躍し

    1970年代の小学生男子で知らない子がいない!とさえ言える

    名優・小林昭二さんが「佐藤さん」という、一般のやさしき弱きお父さん(パパ)役として登場します。

     

    「戦後建てられたマンモス団地」&「ニューファミリー」と言ったような設定で

    「佐藤さん」は、全編で終始大活躍します。

    ( 科学特捜隊キャップ と ウルトラ警備隊隊長 の夢の競演あり💛 )

     

    このお父さんが、飲んでタクシーで夜遅く帰ってきて、玄関口で奥さんに締め出される!

    現代なら普通にありそうな風景、これがきっかけとなり

    地球防衛軍は地球侵略をたくらむ異星人が地球に潜入していることをつきとめます。

     

    風来坊のダン青年が、1年前に初めて出会ったウルトラ警備隊員はフルハシ隊員とソガ隊員。

    最終回前夜のこの第47話で、ダン隊員がコンビを組むのはフルハシ隊員。

    ウルトラ警備隊員としてはチーフ格のフルハシ隊員、最後もこの御方が頼りになります。

     

    DVDなどで、衰えないセブンワールドをお楽しみください。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    佐藤さんを乗せたタクシーが自宅団地の付近に到着した 1968年映像

     

    2013年現況

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    1968年映像

     

    2013年現況

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    交番の警官に挨拶して佐藤さんは家へ 交番セットは現地に持ち込んだとか・・・ 1968年映像

     

    2013年現況 下方に見える空き地が交番のあった場所 

            現在ではガードレール兼立ち入り禁止のような金属製の低い柵がめぐらされて

            同じような「交番」と言う設定は難かしいのかもしれません

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    この段階ですでに「佐藤さん」と「タクシーの運転手さん」以外の人たちは・・・

    もしかして! タクシーの運転手さんも!? 1968年映像

     

    2013年現況

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    終盤で

    「入り口」をひとつ間違えてしまう佐藤さん お酒を飲んでるので「棟」も間違えないようにね♪

    1968年映像

     

    2013年現況 往時のまま今日に至っています 実際にこの棟や該当のお部屋にお住いの方で

            この建物がセブンの舞台になっていることをご存知の方もいらっしゃいました

            取材中お声をかけていただき しばしセブンのお話で盛り上がる一幕も・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    様子のおかしいふくろう団地の住人たち ちなみに夜は夜でも何時頃の設定なのでしょうか 1968年映像

     

    2013年現況

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    本当にいたら怖い 1968年映像

     

    2013年現況

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ウルトラ警備隊がフクロウ団地に到着 ポインターも西へ東へ1年間お疲れ様でした

    ポインターは 当時の日本車とまったく大きさが違います   1968年映像

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ふくろう団地・交番に到着のポインター 緑地帯には柵がまだありません 1968年映像

     

    2013年現況 緑地帯には柵がまわされています 

            ちなみにこの緑地帯は円形で 道路が囲むモダンな作りになっています 

     

     

     

     

     

     

     

    ウルトラ警備隊による捜査が開始される 1968年映像

     

    2013年現況 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    佐藤さんがウルトラ警備隊にダイヤルしたアートな公衆電話ボックス これもセットとして持ち込み 

    後方には丁寧に保護を受けた植えたばかりの「木」や「芝」があるのがわかります 1968年映像

     

    2013年現況 「木」はまったく同じ場所でこの50年間順調に成長を遂げ 

             ベンチは往時のものに似ています 自転車が停められている場所は

             かつて「芝」を植えた様子ですが これはすっかりなくなり柵も撤去

             最後方のタイル石垣は12段で 往時のままの様子です

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    佐藤さんがウルトラ警備隊にダイヤルした公衆電話を 捜査・検証するフルハシ・ダン両隊員

    1968年映像

     

    2013年現況 よく手入れがされた清潔感のある団地です 一方 木の成長が著しいため

            ロケ地の面影だけは失われつつありそうです 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ダン隊員が心で問答するシーンはセブンの定番 これがあってこそダン! 1968年映像

     

    2013年現況 ダン隊員が心で問答した場所の後方には 似たような新たな遊戯施設が存在します

            最後方には住宅街が迫る ちなみにこの一帯は「高級住宅街」と言われています

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    団地を探索するフルハシ・ダン両隊員 1968年映像

     

    2013年現況 往時の姿をほぼ完全に残しています ここであの緊張の瞬間があったとは・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    表を警戒する両隊員 1968年映像

     

    2013年現況 掲示板ボードは交換されているものの感動に値する保存状態

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    警官が一人で巡回できる程 小さな団地ではない すでに気付いているのかも 1968年映像

     

    2013年現況

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    1968年映像

     

    2013年現況

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    1968年映像

     

    2013年現況

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    1968年映像

     

    2013年現況

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    1968年映像

     

    2013年現況 コンクリ建築物特有の「冷たさ」が表現のひとつに含まれていたのかもしれない

            木々の成長でロケ地感は薄まるが緑豊かな「温かさ」が増しているふくろう団地 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    1968年映像

     

    2013年現況

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    筆者の生まれ育った東京・町田市は特に団地が多いエリアのひとつと言えるかもしれない

    町田市では1960年〜1970年頃に集中的に竣工している

    団地建築はどれも同じ形と思われそうだが セブン映像でも確認できるとおり

    景観や空間への配慮のためか 各棟の「大きさ」が異なる場合も多い(その他は後述)

    土地の高低差を生かしたり庭地に小山が作られて芝が植えられていたり独特の雰囲気と温かみがある

    学校やスーパー・公園・道路などの配置を優先にした先進的な街づくりがなされているためか

    40〜50年ぶりにおとずれても 街全体に大きな変更が少ない

    この場所は筆者が通った小学校前の交差点 

    当時は賑わっていたスーパーが左手に見える 中央右手にそびえる給水塔の形に注目

    2019年7月撮影

     

     

     

     

     

    2019年7月撮影

     

    階段や玄関口のある方向から建物を見ると わりと団地建築はどれも同じに見えるが

    ベランダ方面から見ると意匠が違う場合が多い ここは町田市のS団地

    セブン映像に登場した「ふくろう団地」のベランダとはデザインが違う

    「給水塔」も こちらのS団地では「神戸ポートタワー風」の形

    一方の「ふくろう団地」は「角型スタイル」で まったく形が異なっている

     

    2019年7月19日「文化審議会」が1962年築・赤羽台団地の中の「スターハウス」

    と呼ばれた団地住宅棟を特徴的な外観から「登録有形文化財にするよう」文部科学大臣に答申

    告示予定との事で 団地内住宅棟が国の登録有形文化財になるのは初めてだそうである

    2019年現在住人はいないため一般公開も予定 他には東郷平八郎氏が妻の療養のために

    建てた静岡県・伊東市の別邸なども登録が求められており こちらは万民の納得しそうなところ

    誰も振り返らないが 本当に団地建築はインフラ整備を含め秀逸なものが多いので

    数十年後はブームになるかもしれない 町田市にはS団地F団地Y団地K団地T団地など

    大規模かつ多様な団地建造物が 1960年代当時のまま現在も使用されている

    今なら注目度も少なくのんびり散策できますョ♪ 運動がてら街歩きコースのひとつにいかが?

     

     

     

     

     

     

    町田市は東京都だが 明治中頃までは神奈川県に属していた

    この空き地は 奥に見える家々の手前に「境川」という川が流れており その遊水地

    こちら側は東京都 フェンス際に境川 奥の家々は神奈川県

    1970年頃の子供たちはこの空き地を「ストライク球場」と称し

    中央の土管をはさんで同時に2ゲーム草野球を楽しめた 約束しなくても誰かが草野球で遊んでいた

    現在では立ち入り禁止されているものの管理が行き届いている印象でこのエリアも団地景観のひとつ

    セブン当時の「ふくろう団地」も子供たちがたくさんいたのではないかと推測される

    2019年7月撮影

     

     

     

     

     

    町田駅 昔は何が建っていたのかわからないほど駅前は駐車場になっている

    千葉県・房総地方に住んで25年近くが経過し 筆者は「よそ者」になってしまった

    2019年7月撮影

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    事件解決 佐藤さんがポインターに乗って フクロウ団地に帰ってきた

    ここからは「ウルトラ警備隊隊長」と「科学特捜隊キャップ」の競演ともいえる 1968年映像

     

    2013年現況

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    1968年映像

     

    2013年現況

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    科学特捜隊・ムラマツキャップとウルトラ警備隊・キリヤマ隊長の夢の競演! 1968年映像

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    1968年映像

     

    2013年現況

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    佐藤さんの「入り口を間違えるあわて方」で ウルトラ警備隊も皆笑顔です 

    次回は深刻な「最終回」・・・ この笑顔が切ない

    実際に筆者の育った家の近くには50ある大きな公団団地がありました 

    よほど慣れた友達の家以外は「入り口を間違えそう」になることがしばしばでした

    (当時は酒を飲んだりあわてて行くこともなかったのにです)

    「間違うような同じ顔の入口」 

    セブンのことですから何らかのメッセージになっているのかもしれません 

    アンヌ隊員は髪の毛が短い!次回・最終回は急に髪の毛が長くなります♪ 1968年映像

     

    夏のロケのためかなんとなく全員が日焼けしている感じ? 1968年映像

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    悪夢のような出来事が去った ウルトラ警備隊に手を振る佐藤さん一家 1968年映像

     

    2013年現況

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    キリヤマ隊長は作戦室で指揮をとるためか 基本的には滅多なことでは現場に登場しない

    しかも事件解決後 といった状況下でキリヤマ隊長以下ウルトラ警備隊員6人とポインターが

    居並ぶのは貴重なショットと言えそうです                1968年映像 

     

    2013年現況 ポインター後方にあった街灯が新しいものに改められています

            ポインターの前方にある電信柱も同じ場所にあり 往時のものかもしれません

            左方空き地の「芝」はあきらめられた模様ですが 木の方は成長著しく

            往時の景観を楽しめるのは あとどのくらいなのでしょうか・・・

            ウルトラ警備隊員が事件解決のひとときを全員で過ごした貴重な場所です 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    1968年映像

     

    1968年映像 ポインター後方には電話ボックスがあります

            佐藤さんはこの電話ボックスをあえて使用しなかったと思われます

     

    2013年現況 電話ボックスが映像と同じ場所に(新しくなって)存在します

            作品冒頭で 佐藤さんが酔っ払ってタクシーを降りた所は画像左下部分です

     

     

    1968年映像

     

     

    2013年現況

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    PR
    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • ウルトラセブン 第44話 「恐怖の超猿人」 ロケ地訪問
      どぐうちゃん
    • ウルトラセブン 第44話 「恐怖の超猿人」 ロケ地訪問
      もも♪
    • ウルトラセブン第14話 「ウルトラ警備隊西へ  前編」 ロケ地訪問 
      どぐうちゃん
    • ウルトラセブン第14話 「ウルトラ警備隊西へ  前編」 ロケ地訪問 
      よっちゃん
    • ウルトラセブン 第43話 「第四惑星の悪夢」 ロケ地訪問
      どぐうちゃん
    • ウルトラセブン 第43話 「第四惑星の悪夢」 ロケ地訪問
      まさ
    • ウルトラセブン 第43話 「第四惑星の悪夢」 ロケ地訪問
      どぐうちゃん
    • ウルトラセブン 第43話 「第四惑星の悪夢」 ロケ地訪問
      まさ
    • ウルトラセブン第14話 「ウルトラ警備隊西へ  前編」 ロケ地訪問 
      どぐうちゃん
    • ウルトラセブン第14話 「ウルトラ警備隊西へ  前編」 ロケ地訪問 
      ムチャゴロー
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM